支援者だからこその悩み、なかなか言えないこと、手伝ってほしいこと、活動自体の提案、コミュニケーションの問題など、支援者自身の悩みや思いを解決する方法を一緒に探っていきます。教材作りのサポートも行います。

関わる人オンライン相談

関わる人のオンライン相談は予約制です。まずはお問い合わせください。
相談料:1時間5000円

人材育成講座

福祉や教育現場を支えている職員や教員の方々が、支援の方法や抱えているケースのことを相談したり、学んだりできる場を作っています。

「多様性を本気で考える講座」
  福祉と教育の中だけで、「障害」や「多様性」や「特別支援」が語られているわけではありません。もっとそれぞれがつながりながら、あたりまえのこととして社会に認識されていくことが必要だという観点から、「専門的な言葉をより分かりやすく説明していける人材」を育成するための講座です。
 もちろん、いま支援職ではない方々も関心のある人は誰でも参加できる講座です。
Vol.1 「特別支援とは・ちがいについて」
Vol.2 「学習指導要領とは・就労支援とは」
Vol.3 「人権と性教育・自立とは」
Vol.4 「行動の問題とは・愛着と家族」→準備中

「発達支援コーディネーター養成講座」・・・準備中

各種研修依頼

学校、事業所、企業、保護者会など人数に関わらずどのような研修でもサポートします。講演会形式だけにとどまらず、カフェ、ワークショップなど、より分かりやすく枠組みを越えた「伝える」という活動をしています。

活動プログラム企画・開発

障害のある方々とこんな活動をしてみたい、自分の活動を施設や教育現場に持ち込んで紹介してみたい、子どもたちといろんなことを企画してみたい、そんなときに障害特性やそれぞれの特性に配慮したプログラムにしていくことが重要になります。より、アクセシビリティを高めるためにも共同開発してチームとして一緒に動いたり、様々なコーディネートをしていきます。
とにかく世の中の多様性をあたりまえのことにしていくための、楽しい試みです。

まず話をしてみたいというお問い合わせはこちら