数多の本の中で、なぜそれを手に取り、買うのか。

本が好きだ。本がなければ生きていけないとさえ思う。どんなにデジタル化が進んだところで、紙をめくるという行為と一体化された「本を読む」という行為である限り、「本」というそのものがなくなることはないと思う。装丁の美しさ、紙質、言葉、余白。著者の口調とフォントの一体感、あらゆるところに美しさが隠されているような本に出会ったら、テンションが上がり、連れて帰りたくなってしまう。

今でこそ、長々とこんな文章を書いているのだが、作文、というものが全く書けない小学生だった。日記も。「○○をしました。楽しかったです。」という文章さえも、自分で生み出せない。だから、小学校1年生のころから、①何について書くのか、②どう思ったのか、を話して下書きを母に書いてもらい、それを見て書いていた記憶がある。

学校では、当然時間がかかりすぎて書けないので、たいてい持ち帰りになる。運動会のあと、遠足のあと、いろんな行事のあとに書くあの作文というものも、苦手でたまらなかった。そんなどうしようもない小学生なのだが、読書は好きで、集中しすぎるくらい。読むのも速い。昔は、「ひより号」という移動図書館が近所に来てくれていたので、そこで必ず10冊。そして気に入ったものは、祖父にねだって買ってもらう。手元に置きたいのだ。

読書感想文、というものは私には難しすぎたようで、本は読めるのだが、文章にまとめられないので叔父に手伝ってもらって書くのだが、そのうちほぼ叔父の文章になってくる。まあいっか、と書いて出したら、コンクールに出されそうになり、慌てたことがある。私が本当に「自分の言葉」を書くことができるようになったのは、中学に入ってからなのだ。どこで何が変化するのが分からないのが人生だと本当に思う。インプットしてきたことと、言葉で表現したいと思ったことが一致した瞬間が、私はとても遅かったのだと思う。

そんなわけで、インプットと、モチベーション(伝えたいかどうか)がとても大事だったんだと思う。この「本との出会い」というのは、結構人生の中でも「大事な人との出会い」くらいに意味があると思う。言葉の力は大きい。本屋に行けば、ありとあらゆるジャンルの本があって、そう思うと、「なぜこれを手に取ったのか」ということがすでに、「自己選択」であり、よし、買うぞ、と「自己決定」できるというのはちょっとした達成感である。

もはや無意識レベルでの出会いであることも多く、そんな時にまたこの素敵な本と出会った。今まさに必要としている言葉たちが並ぶ。

そんなわけで、多読傾向にある自分の本の整理、知識の整理もしておきたいと思う。いつか読書会のような勉強会も開催していきたいと思った。本そのもの、そして自分の身体を通して解釈した言葉というもの、そしてそれがまた誰かの身体に入り、それぞれの言葉で語られるという時間。それはとても素敵な時間だと思う。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です