「むりしなくていい」「いっしょうけんめいやらない」「たまたまうまくいく」「うっかりいいことがある」「むだなことをする」みたいなことって、教えてもらえない。

だから、教室に掲げてある目標とか、毎年書かかせられる抱負とか、「限界に挑戦」とか「一生懸命」とか「努力」とかが多い。会社とかは「効率化」とかが書いてあるかも。

芸術の世界ってそことはまったく価値が違うので、だからこそ、常々接している世界とは違う体験として大人(とくに誰かを支えたり教えたり伝えたりするお仕事の方々)にはたっぷりそうではない世界に浸って欲しいなと思う。そういう思いもあってひたすら「大人の遊び場」をやっている。なんのためにするか、とか考えないもの。それが「遊び」。「書道」ってイメージがみんなにとって「学校の習字」でしかなくて残念でならないので、それを壊すって意味もちょっとある。

意図していない線が美しかったとか、やってみたらただ面白いとか、ぐちゃぐちゃやってたらなんかできたとか。無駄や偶然の産物。そういうもので実は世界は成り立っていることがある。無駄をしようよ、とか。無理しなくていいんじゃない?と言える大人が増えた方が生きやすい。子どもたちは、だらだらしたり、ふらふらしたり、そうやってでも「生きる」っていいんだ、って思ってもらった方がよっぽど楽になる。

真面目に働かなくちゃだめ?毎日働かなくちゃダメ?がむしゃらに夢追うのがいいの?そういうことじゃなくて。「なんにもしなくても君がいる世界は楽しいな!」って言っていこうよ、大人たち。そのあとに、「この楽しい世界でなんかしたい!」って思っていくもんだと思う。で、そういうことを言える大人って、やっぱりとことん、無駄とか馬鹿なこととかもたっぷりしてないと、言えない気がするわけなので。

ばかみたいに墨で汚れて、なんにも生み出さないなんて、考えてみたらめちゃくちゃなこと。ただそこにいる人が、「わ、おもしろい」って言えばいいかなあという、ばかみたいにむだな場所を作っています。

OTONA書道部
参加費:4000円で書き放題。
18:00〜20:00
場所:川の上、百俵館(石巻市小船越字山畑343-1)

ついでに言うと、書道そのものは、修行だ。修行というものもまた、実は「なんのために」というものを無くし、徹底して「自分自身にとっての技術」を身につけるもの。ある意味では、肌感覚、身体で覚えるもの。それはそれで世界があるので、このあたりはまた、別の機会に。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。