ありがたいことに、連載させていただいていた「みんなちがってあたりまえ」が、こんなに大きな紙面にて今後継続させてもらうことになりました。題字も毎回、いろんな人に書いてもらおうかなんて考え中。今回は浅野くん。相変わらずかっこいい。

そしてありがたいことに、いろんなメンバーと関わっているかぎり話題は尽きない!あー、あれも書きたい、これも書きたい。もちろんうれしいこともあれば、そうじゃないこともありますが。

でもとにかくみんなちがうのが大前提の場所では、「自分らしい」とか言うことばは使う必要なくて、そんなことは探さなくたって、そのまま存在していてよし!というような話やら何やらを、これからもお伝えしたいものだな〜と思います。

とりあえず今回は、書道のおはなし。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。