みんな違ってみんないい、という言葉があるのは、実はみんなそう思ってないからで、みんな本当は違うことが怖かったり、嫌がっていたりする。

その前提が世間にあるんだと感じながら、コーディネートしていかないと、多様性なんて言葉は単なるキレイゴトに聞こえてしまう。

みんな違ってあたりまえになれば、こんな悩みもないのかもしれない。

福祉や教育に、携われば携わるほど、この見えない境界線や枠組みが見えて、支援する側も含めて実は閉ざしてしまうことはよくある。障害があるのは、まるで支援者の方ではないか?とも思える。

だからこそ、すべての枠を超えて福祉や教育がすべての領域に入り込むこと、特別支援が特別ではなくあたりまえの状態になること。

この世界を目指していきたいと思います。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Comments (1)

  1. しろくま

    返信

    頑張ってください!応援しています。石巻を盛り上げましょう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です