11/10土曜日に石巻にて開催される、ぽじまつりにて書道パフォーマンスを披露することになりました。

昨年に続いて、今回も。書道塾TANEでは、障害のあるなしに関わらず、楽しみながら表現する書道をやっています。みんな書きたいものが違うので、誰一人として同じではない表現で書く。自閉症のあるKくんは、ひらがなの認識も正確ではありませんでしたが、一年半ほどで今は難しい漢字も見て書いています。もちろん読めているか、理解しているかは私たちからは分かりません。

しかし、彼はとにかく楽しんで書き、書きたいものを選べるようになりました。そして何より、生活の中で自己主張や柔軟さが出てきました。目で見て、手を使って表す。脳はかなり働いている状態です。

また、落ち着きがなく集中力がないのが特徴だったMさんも、書き続けて自分の表現を身につけることで少しずつ周りと関係を保ったり、落ち着いた生活ができるようになってきました。

今回はひとりずつの良さが発揮できるようなパフォーマンスになればいいなあ、とまだ実は頭の中でしかシュミレーションしていませんが本番まであと少し。

ぜひぜひ見にきてください。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です