いろいろな場所で会えそうな2月です。

春が近くなっているようです。とはいえ、今年の冬はあまり寒くなかったのでおだやかな春のような日々も多かった気がします。

さて2月は、昨年から始まったこの見本市というイベントからのスタートです。

2日〜5日:「きいて、みて、しって、見本市」毎日、いる予定です。

これは、障害のある方々の芸術文化活動を応援したり、場を作ったりしている団体紹介のような「見本市」となっていて、各地の福祉施設やアート活動の拠点がずらりと並びます。
そんな中で、「生涯発達支援塾 TANE」も、昨年からコーディネート活動をしているチームとして紹介させていただいています。今年はコーディネート先の団体など、じわじわと活動が広がっていることが嬉しい限り。今回は今まで分かりにくかったこのTANEの活動が、パンフレットになり初登場しますので、ぜひぜひお越しくださいませ!

書道塾たね
誰でも気軽に「書く」を楽しめます。
10(月)17:00〜20:00
17(月)17:00〜20:00
会場:土音(石巻市中央3丁目6−5)
参加費:1500円

大人書道部
心理的解放、枠組みを超えた新しい書道体験です。書とはどんな芸術かを一緒に考える「書」のワークです。
21(金)18:00〜20:00
会場:土音(石巻市中央3丁目6−5)
参加費:4000円

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です