「家族」ってなんだろう。「発達」という観点から「家族」を考え、「愛着」について考えていきたいと思います。「お母さんがいないと」「両親がそろってないと」「ちゃんと愛情をかけないと」などということではなく、「多様性」を考えていくといろんな形の家族があって当たり前だし、子どもの育ち方だって実は複雑。でも、人々は簡単に「ふつうはね」と言ってあるはずもない「理想の家族論」を頭の中に描いているように思います。

「愛着障害」という言葉や、「虐待」という言葉も、言葉がどんどん広がると、そのことの本当の意味や大変さを語られることなく、「問題だ」「支援しなくては」となりがちだなあと感じています。「発達障害」という言葉もまさにそうだなあと感じています。問題は「障害」という状態そのものであるはずなんじゃないかなあ、と思うわけで、どうやったらそれが「障害」ではなくなるんだろう?と考えることの方が重要かと思っています。

「多様性」は便利な言葉で、「いろいろあるよね」「それでいいよね」ということになりがちですが、そうではなく、その「いろいろ」についてを「自分のこと」として掘り下げて考える大人が増えたらいいなあと思います。一緒に悩んで、一緒に考える、本気の講座。とはいえ、むずかしい言葉は好きじゃないので、やさしい言葉で考える、講座です。

お申し込みはこちらからどうぞ。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です