8月3日土曜日に仙台YMCAにて開催することになりました〜。
仙台のみなさまぜひお越しくださいな。
仙台YMCAは、学生時代にたくさんの子どもたちと出会えた場所です。そしてたくさん学ばせていただいた場所。宣伝のチラシまで作っていただいていました。感謝です!

書道の効用はいろいろです。大きなひとつは、「目」と「手」を同時に動かすということ、そして不思議なことに「字」を書くイメージですが、右脳をたくさん動かすことになるのです。

とくに私自身、小さいころから少し過敏だったり、コミュニケーションが苦手だったりという弱点があり、学習への基盤が整っていなかった低学年の時期でしたが、ちょうど小2から始めてから学習への集中力もついてきました。(好きなことには過集中するという特性は変わらないのですが笑)

2時間のうち、どんな時間に来ていただいても大丈夫ですし、何をしても、何をしなくても大丈夫ですが、墨・紙・筆は高級品を持っていきます!(わざわざ言わなくてもいいんですが、わりと大事!)この機会に体験させたいなあ、と思うお子様がいらしたらぜひどうぞ。

もちろん障害があってもなくても誰でも参加できます。いろいろな補助具なども工夫できるので、心配があれば事前にお知らせくださいね。


みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です