高校時代、模試のテストに引用されていて即購入した。

大好きすぎて、もうボロボロになってしまった本。出会ったのは高校時代だった。主人公の男の子の、鋭い感受性。「あばずれ」呼ばわりされている主人公の母の歯切れの良い女らしさ。登場する人たちが、「自分なりの考えとルール」をちゃんと持っていて、それが良くも悪くも本質的な問いになっていて、「あたりまえ」と思わされてきたことをちゃんと、「そこでつまづいていいんだ」と、自分に自信を持つことのできた本だった。

最近では、「ぼくはイエローで、ホワイトデ、ちょっとブルー」を読んで、同じような気持ちになった。ぜひ、これを読んだ方は、山田詠美の「僕は勉強ができない」も読んでほしい。特に、「眠れる分度器」という短編が好きだ。

なんというのだろうか。これらの本を読んだ時の感覚。スカッとするのだ。あたりまえに、差別意識や特権意識や優越感みたいなもの(いわゆる、きれいとは言えないような意識)を誰しもが持っているのに、大人はまるでそれを持っていないかのように振舞ったり、ひた隠しに隠そうとする。それを、いとも簡単にえぐり出してくれるような。

私は障害のある人たちとよく接しているが、彼らに対して偏見なく接してきた人をあまり知らない。みんな少なからず、抵抗や、不安や、いろいろな「複雑な感情」を抱くのだ。それは、ある意味ではあたりまえだと思うし、私自身、全く偏見がないのか?と問われたら、明確に答える自信などない。

「かわいそう」という言葉がある。これが人を傷つけることを、言われたことのない人は知らない。

みんなの中に埋もれてしまう恐怖と、みんなの外にはみ出してしまう恐怖の、表裏一体の感覚を、子どもたちは持っているような気がする。

「僕は勉強ができない」の主人公や、「ぼくはイエローで、ホワイトで、ちょっとブルー」の息子のような自己肯定感があれば、「みんなと違う自分」がプライドにさえなる。

そう、大事なのは「自己肯定感」だ。手垢がついて、擦り切れてしまいそうな言葉だ。「自分でいい」と思える力のことだ。特権意識だろうが、優越感だろうが、多少醜い感情でも、それを「持っている」と気がついた上で、つまり、自分は何か違うかもしれない、と知った上で、「それも含めて自分でいい」と思える力。

差別してはいけない、こんなこと思っちゃいけない、私は全く悪いことなどしていません、なんて政治家を誰も信用しない。それよりも、「差別してしまう自分」に気づくこと、「自分って特別」と言ってもらいたい自分にOKを出せること、そしてそのこと自体を、オープンにできることの方がよほど重要だ。

分からないことには「分からない」と言うこと。
自分とは違う考えには、「わたしは違う」と言うこと。
その小さな積み重ねが、本当に大事なことだ、とあらためて考えた。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です