細胞の発達は、分裂と統合の繰り返し。

写真は梅。昨日は桜の蕾が膨らんでいて、いつもより早いな、とか思う自分自身がちょっと大人ぶっているような気になった。最近読んだ、「インテグラル理論」(ケン・ウィルバー著)の中に、「発達とは一般に、差異化(differentiation)と統合(integration)のプロセスを通して進んでいく」という一文があった。

子どもたちのいる現場に出向くと、大いに発達しているなあ、と感じる場面は「何かができるようになった」という場面だと思う。ほとんどの人が、我が子や他の子どもたちを見ながら、「成長」したことをほめ、できることをほめる。

しかし「発達」という本来の心理学的意味は、「受精から死に至るまでの、量的質的変容」ということなので、老化で目が見えないとか、物忘れが激しくなったとかいうことも含めて実は「発達」なのである。

私の大学時代には、「学習障害(LD)」という概念が広まっていたこともあり、学習塾で「LD教室」を担当していたことがある。今思えば先駆的な取り組みだった。そしてK-ABCという心理教育アセスメントの方法を勉強する機会があり、その中で知った「認知特性」の考え方は、とても面白かったのと、自分自身を理解する手助けになった。

K-ABC(Kaufman Assessment Battery for Children)は、カウフマン夫妻が作ったもので、簡単に言うと
・認知処理能力
・習得度
という両面から認知特性を評価するというもの。今まではIQというものだけだったテストを、その能力は発揮できているの?という部分で「習得度」を評価できることで、「能力はあるけど、習得できてない」のような、教え方とのミスマッチや環境を考える手立てにもなる。

また、認知処理能力はこれまたざっくりと言うと、
・継次処理(段階的、順序性、聴覚的)
・同時処理(全体的、関連性、視覚的)
という二つのタイプと
・計画能力
・学習能力
という能力も評価できるようになった。

ここで、ちょっとしたセルフチェックを。

①時計は Aアナログ派?それとも Bデジタル派?
②道案内は A地図で?それとも B口頭で?
③メモは Aマインドマップ?それとも B箇条書き?

これは、①〜③とも、Aだった人は同時処理優位派。Bだった人は継次処理優位派。あくまでも概念を理解するためにざっくりとしたチェックだが、つまり人間の認知処理って、「どういう理解の仕方がしやすいか」という癖のようなものをみんな持っているわけである。

だから、「この参考書めっちゃ分かりやすかった!」とか「この先生の授業わかりやすい!」とか友達が言っても、自分としてはイマイチ、なんてことがある。それはみなさんの脳の仕組みが違うから、であり、そこに差があるだけの話なのである。

学校での授業でいえば、先生と生徒でこの、得意な処理が異なっていると悲劇が起こる。継次処理優位で聴覚優位な先生は、みんなもそれで分かるものだと考えて、口頭指示が多くなるし、「順番通り言われた通りにしなさい」と求める。が、同時処理優位で視覚優位な生徒にとっては、「何のために(全体像の把握)何をするのか」が大事なので、順番なんてすっ飛ばして目的的に行動して怒られる、なんてことがよくある

夫婦の場合も、夫は順序よく計画的にスケジュールをこなしたいタイプだと(割と男性に多い)、旅行先で妻が視覚的にパッと「あの店行きたい!」となっても、彼の頭には出来上がった順序があるので組み込めない。「お前は思いつきばかりで計画性がない」「あなたは融通が利かない」みたいなことも、実はこの処理能力の差であることを知ると、対策がとれることもある(あくまでも、感情的にさえならなければ、である。)

あくまでも、一例ではあるが、このパターンのようなものを「知る」だけで、なぜ子どもがこの勉強をしたがらないのか、またいつも言われたことをできないのか、などという偏りや理解しにくさを、ちょっと推測できる。

「アセスメント」や「検査」というと、専門家がとるものという印象があり、その結果を示されるだけ。実はこのK-ABCはかつては、担任の先生にこそとって欲しいという時期があった。それはよりよい信頼関係のもと、子どもも能力を発揮して「いいところ」を探るため。とってもその子を冷たく診断し、分断させるために使うようなアセスメントは好きではない。だからと言って、客観的に何も捉えることがないまま、思い込みで評価されるしくみもいまだにあって悲しい。現在は、臨床心理士や特別支援教育士、検査法を学んだ方々がとれる検査になってはいるが、一般的にも必要な情報だと思っている。

自分の特性を理解すること。それは、自分自身を大事にする視点そのものだと考えている。

次回からは、②WISCから。③MI理論から。連続でちらりとご紹介。





みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です