放課後デイで子どもたちが拾ってきた桜。

「責任を取る」という言葉が、ほんとうに適切に使われ、ほんとうに責任を取ったと思える行動、というものにあまり出会ったことがないのが事実だ。なにかあったら自分が責任を取るからやってくれ、とか、ドラマや映画の中では聞いたけれど。

「なにかあったら困るから」
「安全・安心を第一に」
「決めたのは自分ではなく、みなさんですから」
「みんなが決めたんでしょ」
「あなたがいいって言ったよね」
「自分は知らなかったので」

こうした言葉を聞きながら、何を学ぶのかというと、「誰も責任は取らないので、自分も決めない方がいい」ということ。こうして、長いものに巻かれ、決めたことに逆らわず、誰一人として責任を取らない社会が生まれていくのかもしれない。

学級会というものがあり、子どもたちは「会議」したり、「自治」という民主主義を学ぶ。放っておくと、弱いものを責めたり、無理やり多数決にしたり、思い通りにしようと強い子が言い負かそうとしたりする。違和感を汲み取りながら、時には不快な思いや居心地の悪さを味わいながら、進んでいく。決めたことに失敗もたくさんあって、「やっぱりこうすればよかった」とか、「何でこんな風に決めたんだっけ」とか、文句も言いながら、多様な価値観がひとつにまとまらないこと、を覚えていく。

「みんなで決めたんでしょ」と言うのは簡単だが、決定したことがすべて正しいとは限らない。だからこそ、「やってダメならもう一回考えてみればいい」と言われると、子どもたちはこぞって知恵を出し合う。だから、2回目や3回目の方がいい決まり方をするし、自主的になっていく。だからこそ、学校ではたくさん失敗した方がいい。

「失敗は成功のもと」と言うではないか。学級会だってそれくらいのことができる。決めたからと言って押し通し、「言っても無駄」という諦めの気持ちを持たせると何が起きるか。「無気力」である。そして生まれるのが、「無責任」である。だってなんか知らないうちに決まってて、反対したって無駄なんでしょ?だったら言う通りにするしかないんでしょ?という諦めの感情。結局、「自分が決めたわけじゃないし、責任とか知らないし」という感情が強くなればなるほど、相手を想像する力を失う。そして自分勝手な文化ができあがる。

想像もつかない出来事が起きたときに、対応策が変化することは構わない。よりよいものを生み出すためだ。「ダメだ!」と分かったら翻すこと、よりよい方法を探ること、事実を隠さず繕わないこと、みんなに聞いて考えること、間違っていたら謝るということ。歴史をなぜ学んでいるのか。それは、過去の出来事から失敗や成功やすべてのことを学ぶためだと思う。

小学生までの学習内容というもので、社会の本質的な解決方法と、社会のあり方を学べると思っている。難しいもの、専門的なもの、一般市民は黙っていろ、いう雰囲気を、私たち大人が誤学習している可能性が高い。もう一度、大人が社会を学ぶ必要があるのだと思う。これ以上、諦めを感じないように。

自己理解
自己選択
自己決定

本当に大事だ。

責任を取りたい。失われた世代と言われた我々は、上から単純に下りてきた価値観にさえ従わなければ、今更失うものなどない強さを持っている世代だと思っている。今できることを探すしかない。関心を持つこと、想像すること、正しい情報を得ること、適切に怒り批判すること、鵜呑みにしないこと、大事な人と時間を共にすること、話し合うこと、冷静でいること、諦めないこと、伝えること、できることを探し続けること。




みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です