幼い時から皮膚が弱く、アレルギー性なんとか、と言われることも多く薬を飲んだり塗ったりしていた。この時期になると、湿疹が出たりする。しかしまあ、時期的なものなので、夏は大変ね、くらいですんでいた子ども時代。

大人になってから発症した皮膚のトラブルは最初は大学時代で、はじめて「アトピーかな」と言われる。その後から、なんとなく定期的に繰り返し、その度に薬で収めるというやり方で、30を過ぎたあるとき、それはそれは突然にひどくなり、薬はもはや効かなくなってしまった。

自分の身体とはいえ、「なおらない」という怖さ。原因不明という意味がアトピーの語源らしい。医者に、「ストレスかな」と言われると、なぜだろう、当時はほっとした気持ちになった。思えば、その時点でおかしかったのだ。

「なおらない」は、「なおしたくない」
「原因不明」は、「じぶんのせいじゃない」
「痒くて眠れない」は、ほんとうのきもちは「やすみたい」

だったのではないだろうかと、いまは分かる。

ありとあらゆる治療法を試して、効いたものもあるし、効かなかったものもあるし、たくさんお金もかけたなあと思う。
最終的に残った箇所は、「顔」のみとなったある時。
ほんとうに治したいのだったら、すべてのいいわけをなくす。
と決めたら、それはつまり、「病院に行かない」になって、いろんなことを「辞める」になった。

アトピーが教えてくれたことはたくさんあって、最終的には働き方が変わった(生き方が変わった)のだが、このからだでよかったなと今は思える。炭鉱のカナリア。危険回避する皮膚。外界に触れるこの敏感なセンサーをもって生まれたことは、後悔はしていない。

ばか正直で、なまけもので、そのくせ責任感が強い、というわけのわからない本性を自分が知ってしまった以上、えらそうな顔をして人と会えない。えらそうにしてしまうと、痒くなる気がすると思う、今日この頃。ここ数年、夏にはちょっと痒くなる時期があるが、ほとんど再発していない。

からだとこころはつながっている、などと簡単にいうが、本当にそうだったという話。落ち着きのなさとかゆみは似ているし、アトピーっ子と多動っ子の動きは似ているし、そもそも皮膚と脳は密接につながっているわけだ、と実体験をもって知った。

※おとなアトピーに私が有効だったもの、別の機会にお話しします。個別相談も可能ですのでお気軽にどうぞ。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です