子どものころ、わたしは3歳から4歳のときに「男の子になりたい」と思って、すっかりその気になって着るものも、しゃべりかたも、名前も、すっかり「男の子」になった。なるからには周りの協力が必要だったのだと、あらためて今、わたしの周りのおとなたちに感謝している。

「やりたい」と言ったことは飽きるまでさせてもらった。1年間男の子をしたが、どうも体には変化がなかったので自分であきらめた。そのあとふつうに幼稚園に入るのだが、脱走するくらいいやだったので「やめたい」と言ったらしい。「そんなにいやなら」と、幼稚園は2ヶ月でやめさせてもらう。小学校に入ってからもぐずぐずとしていて、「帰ったときにはお母さんにいてほしい」と頼んだらしい。「そんなに言うなら」と、母は内職に切り替える。大人の事情なんて子どもは知らない。「そんなこと言ってもお金がないんだから」と、言うのは簡単だっただろうし、言いたくもなっただろうと、今なら思う。いろんな事情がわかったのはあとからだった。こんなにのんびり育ってしまった。

「言ったら世界が変化する」という経験。それだけだと思う。子どもの頃に、「言えば叶う」「言えば聞いてくれる」たとえ、叶わなくても「聞いてくれる」というだけで子どもはその世界に希望を持つ。そういうことを、つまり「自己肯定感」というのだと思う。「わたしが言ったことを大事にしてもらえる」という体験を、わたしたちはいま、子どもたちにしてあげられているだろうか。

自己肯定感が低いのは、「今の子どもたち」なんかじゃない。大人の方なのだ。「言ったら世界が変化する」と思えないまま育ち、我慢し、競い、育ってしまった大人。競争心がなくても、向上心は育つのに。失敗してもいいし、何をしててもいいし、比べなくてもいいし、何もしなくてもいいし、いるだけでいいんだ。生きていて、いま目の前にいてくれるだけでいいのに。

自分を大事にするというのは、自分で選ぶ、自分で決める、ができるようになること。これは障害があろうとなかろうと、わたしはずっと伝え続けているのだが、幼い頃から「どっちがいい?」と選んでもらうこと、選んだものを評価しないこと、少し大きくなったら2択から、3択、選択肢を増やしていくこと、たとえ大人が「こっちはちょっと、、、」と思ってもまずは選んだ方を尊重すること、選び直しができることを伝えること、選ぶことも失敗したっていいんだと伝えること、、、、そんなことをしているうちに、子どもたちは自分の意見を持ち、伝えられるようになり、失敗を恐れなくなるし、挑戦できるようになるはず、と言っている。大人は子どもが、何を選ぼうと、何をしていようと、応援しているよ、と言ってあげること、それだけ。

「やってだめなら、違うのを選べばいい」って、本当に伝えてほしい。それなのに、けっこうみんな真逆のことを言う。「選んだら責任持って最後まで!」みたいなプレッシャーがあるから、「選べない」「決めてほしい」ってなって、大人が勝手に選んでしまうから「どうせ自分で選んだんじゃないし」ってすべてから遠ざかっていく。選ぶのが怖くなるから、なにも選ばないで生きようとする。

「選ぶ」「決める」を、ちゃんと自分の手に取り戻さないといけない。
そして、そのことは誰も侵害できないし、そのことを尊重されることが、私たちが持っている権利だ。

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。