今年で4回目だった「障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市」では、いつもヤタイで紹介させてもらい、いつも、TANEはなにをしている場所か分からないまま、というのもほぼ毎年恒例。素敵な写真を撮っていただくという出会い、そして関心を示していただきお話を聞いてくださる方々との出会い、人生に何が起きるか分からないので、いろんなタネがいつかどこかで芽吹くといいなと思ったり。

さて、2月のTANE相談室(個別セッション)は、随時受け付けております。教育相談、人生相談、カウンセリング、自己理解や家族理解のためのアセスメントなど。もちろん、「なんとなく話したい」も。

これまで、就学前に学校とうまくやるコツ、本人の強みを知るアセスメント、駆け込み受験対策(個別の学びの時間)、発達特性を知って子どもと自分の関係を調整したい、学校にいかずにどういう学びをしていきたいか相談(不登校や中退後の相談)、自分らしく生きるとはどういうことなのか、我慢せずに生きる方法(夫婦のパートナーシップ相談)など、相談内容はさまざま。特別支援×家族理解×認知心理学、で探っていくセッション、TANEの「生涯発達支援」です。

子どもだけが発達するのではなく、おとなも発達し、変化していく。そのときにできるだけ自分の特性、性格、生き方の癖は知っていた方がわかりやすいということが、相談室の中でちょっとずつ見えてくるような気がします。

お問い合わせのページからご連絡ください。オンラインセッションも可能です。

・教育相談等個別セッション:5000円(1時間)
・家庭訪問指導:10000円(1時間)
・書道の個別セッション:5000円(1時間)
・諸検査:10000円〜
・家族セッション:10000円〜

※なんとなく話したい、の場合はイベントを見学してもらうと会えたり話したりできるので、気軽にどうぞ!

みんなにシェアしてね!

櫻井育子(さくらいいくこ)
生涯発達支援塾TANE 代表(コーディネーター)

宮城県石巻市出身。特別支援教育士。書道師範。東北福祉大学福祉心理学科を卒業後,宮城教育大学の大学院で障害児教育を学ぶ。インクルーシブ教育の研究をしながら,ソーシャルスキルトレーニングの団体で発達障害のある子どもたちと出会う。2003年に石巻市で,任意団体「NPO石巻広域SSTの会アドベンチャークラブ」を立ち上げる。小学校,特別支援学校の教諭経験後,2016年に退職し,「生涯発達」の視点から教育,福祉を考えるコーディネートチーム「TANE」を主宰。ひとりひとりの違いを楽しんで生きる社会の実現を目指しています。